« 蛍の墓 | Main | 路上のアンパマンの落書き »

November 04, 2005

小樽運河

昨日から小樽ヘ来て、ノートPCの無線の繋がりが悪く、記事作成を断念しました。 今は 新千歳空港にいて、PCは正常化しました。

3日は、札幌シテイーガイドなる 私の興味をそそる検定試験にチャレンジに札幌ヘ来ました。 将来、外国人に沢山の日本を紹介する為に、日本各地の勉強をしたいと思っています。 今回は、ジンギスカン、札幌ラーメン、スープカレーの元祖の店も出題され、まだまだ私の修業は続きそうです。(回答は、"横綱"、"味の三平"、"アジャンタ" のようです。)

札幌では、世界的ニ有名な彫刻家イサム・ノグチの若い頃の閃きを具体化した、モエレ沼公園を見学した。 大学で建築を学ぶ娘も、友達と近々、この公園を見に行くと聴いていたので、「娘の先回り」をして大いに満足。

小樽運河は大正時代の香りが ロマンテイック で、 大正生まれの母の時代に想いを馳せた。 小樽運河の夜景を見ていると、また、人生の深さ、味わいを感じた。 人生は、その人がもっている時間に彫刻をしていくようなものかも知れない。

|

« 蛍の墓 | Main | 路上のアンパマンの落書き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 蛍の墓 | Main | 路上のアンパマンの落書き »