« 自分からの離脱の想像 | Main | 電子レンジと乳がん »

November 17, 2005

治療法は生き方改善の気づき

安保徹先生の語録として、次の言葉を、看護士の人から聴いた。 考え方に納得した。

「医者は助けてはくれるが、治してはくれない。 自分の生活を変えずに治すのは無理。」

「人間は自然の分身。身体は間違いを起こさない。生き方が間違いを起こす。」

|

« 自分からの離脱の想像 | Main | 電子レンジと乳がん »

Comments

そうですね。身体は間違ってない。母なる自然に逆らってはダメ。かといって自然のなすがままもダメ。自然の一部として調和して生きるのがいいんでしょうね。なかなかできないんですけど。

Posted by: 佳代子 | November 17, 2005 at 01:18 PM

佳代子さんも、同じような考えでしたか。 自然との調和。 とても、安心する境地ですね。

Posted by: Life-Artist | November 18, 2005 at 06:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 自分からの離脱の想像 | Main | 電子レンジと乳がん »