« 蕎麦打ち男 | Main | 小樽運河 »

November 02, 2005

蛍の墓

昨日、23時に帰宅した時、TVで"蛍の墓"をまだやっていた。 21時からあることは知っていたが、私はこの物語が、哀しくて見るに耐えられず、見ないつもりでいた。 それでも、家にいると、終りの部分をやはり見てしまった。

幼い妹、節子を栄養失調で亡くす兄の気持が耐えられないのだ。 亡くなる節子の楽しい時や病気の時の表情、言葉、仕草がたえられrない。 人生の過酷さ、人の愛しさを、これでもかと云うほど感じさせる。

節子の表情に、私はS59年生まれの娘、S36年生まれの弟、S27年生まれの妹、そして大正6年生まれの母のことも想い出す。

|

« 蕎麦打ち男 | Main | 小樽運河 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 蕎麦打ち男 | Main | 小樽運河 »