« 路上のアンパマンの落書き | Main | 神奈川大学フェスタ  »

November 06, 2005

細胞共和国大統領

細胞=生物と云うことを知った。細胞は生物の部品ではなく、細胞1個1個は単体の生物なんだ。 60兆個もの細胞と云う生物が集まって、一人の人と云う生物も造っている。 国家と国民のようなものだそうです。

生物である3つの条件は、①エネルギーを交換できる、②自分を維持することができる、③自己増殖ができる とのこと。

自分が、魚群のような塊りだと思うと 思わず笑ってしまう。 信じられない存在。

大きい人も小さい人も、細胞の数は同じで、細胞の大きさに差があるのだそうです。

自分は、細胞共和国大統領様だ。 "えっへん"とかしこまりたくなる。

|

« 路上のアンパマンの落書き | Main | 神奈川大学フェスタ  »

Comments

そうです!で、私は佳代子王国の女王なんですけど、一個一個の細胞(国民)に、体の内部や外界の様子を見張らせて、報告させてるんです。同時に、女王はいい環境に国民を置いてあげる責任がある。空気、食べ物、音楽、景色、人間関係・・・。という統治を目指しております♪なかなかできませんが♪

Posted by: 佳代子 | November 06, 2005 at 11:39 AM

佳代子さん、「そうです ! 私は」 と云うノリは、一瞬、志村けんを思い出しましたよ。

国民に体の内部や外界の様子を見張らせて報告させてるって感じは、好いですね。 小さい人間をいっぱい観察してる感じです。 「よしよし、そうかそうか」 と話を聴いてあげて。 面白い気分になります。

Posted by: Life-Artist | November 07, 2005 at 07:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 路上のアンパマンの落書き | Main | 神奈川大学フェスタ  »