« 南房総 布良(めら)の海 | Main | 貴方は何者ですか? »

October 24, 2005

救済を超える世界

坐禅の道場で、住職が教えてくれた、マザーテレサの新たな一面。

彼女は、救済はしていない。 彼女は苦しんでいる人のなかに神を見出していたのだ。 自分はやらせて頂く、神の意のままに。 自分は喜びを与えられている。

この様な気持で、彼女は、カルカッタの路上で死に逝く人に接していたと住職は云った。 道徳感とかを、はるかに、はるかに超える世界。

|

« 南房総 布良(めら)の海 | Main | 貴方は何者ですか? »

Comments

苦しんでいる人のなかに神を見出していたのだ。 自分はやらせて頂く、神の意のままに。 自分は喜びを与えられている。
*********************************

この心境に到達するまで、彼女はどんな葛藤を経たのだろうか・・・
それとも、普通にそういう啓示を得たのだろうか?

Posted by: 弥生の月 | October 24, 2005 at 10:46 AM

弥生の月さん、自分の心の内に、内に意識を集中させていくとき、気づかなかった、世界が広がっているような気もします。

Posted by: Life-Artist | October 25, 2005 at 05:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 南房総 布良(めら)の海 | Main | 貴方は何者ですか? »