« 心の前進ギア | Main | 広重、江戸百景の世界 »

October 03, 2005

ブラジル移民、ハルとナツの物語り

昨晩、TV で、「届かなかった手紙、 "ハルとナツ"」を見た。 凄い時代の、凄い人生。 別れ別れにならざるを得なかった時の子供の姉妹の気持が、余りにも過酷で、耐えられない思いだった。 生きていく事の、辛さ、逞しさ、自然と人間の美しさが、伝わって来た。 生きるって、生半可な事じゃない。

満洲を夢見て渡った両親の人生を思った。 数十年前、命をかけるような沢山の出来事が起きていたんだ。 私も、命をかけて、泣いたり笑ったりして、ずっしりと、生きて来た証になるような人生を送りたいと思う。

|

« 心の前進ギア | Main | 広重、江戸百景の世界 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 心の前進ギア | Main | 広重、江戸百景の世界 »