« 宇宙への旅 | Main | 蕎麦打ち男 »

October 31, 2005

守護神

昨日 昼、女房の父が、入院中の病院で88才で亡くなった。義母は3年前に亡くなり、私の両親は10年以上前に既に亡くなった。 これで、夫婦の両親4人が、全て亡くなったことになる。

両親は、ただ生きているだけで、子供を見守っている存在、守護神のようなものだと思う。 両親が、亡くなった後、夜空を眺めると、もうこの世に両親がいないと思うと、心細い、寂しさが込み上げる。

生死は、自然現象。 そのまま受け入れ、人生に精一杯、感謝しよう。

|

« 宇宙への旅 | Main | 蕎麦打ち男 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 宇宙への旅 | Main | 蕎麦打ち男 »