« ヒルズ族の台頭 | Main | 思い通りにならないことの効用 »

October 16, 2005

オリンピック選手達の"気"のエネルギー

昨日、目白(デサント)で行なわれたオリンピック参加者のトークショー、「トータル・オリンピック・レデイース会」 に行ってみた。オリンピック参加経験のスポーツ選手達は、独特の雰囲気をもっていることに気づいた。

明るさと自信と清潔感、清清しさだった。 厳しい練習が成果をもたらす成功体験から来る精神的な強さか、 いやなことでも厭わない強さのようなものが感じられた。 ピリッとした緊張感のある人達だと思った。 緊張と弛緩のリズムの調和、私はその弛緩の部分の彼らを見せてもらった感じが 好くわかった。 自分へのチャレンジの覚悟のある人は、輝いている。

次の人達のトークショー で、会場には、他にもオリンピック 参加者が、沢山いらっしゃったようでした。
萩原智子さん、2000年 シドニー 水泳、現在 山梨学院大
三宮恵理子さん、98年 長野他 スケート 、現在 トヨタのレーサー
福原(旧姓高柳)鈴江さん、68年 メキシコ 、バレー 、現在ママさんバレー指導
泉 浩さん(男性)、2004年、アテネ 、柔道 、現役 旭化成、
司会: 木原光知子さん(東京五輪 水泳)、 大林素子さん(バレー 182cm)

|

« ヒルズ族の台頭 | Main | 思い通りにならないことの効用 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ヒルズ族の台頭 | Main | 思い通りにならないことの効用 »