« みかんの缶詰めと母の背中 | Main | 「待つ事も勇気」の意味 »

September 20, 2005

精神の安定は単純な習慣から

精神を安定させるセロトニン神経(脳神経)は、歩行・呼吸・咀嚼など、基本的なリズム運動によって、活性化すると云う。 朝、20~30分の、読経・座禅等は抜群の効果をもたらす。 また、朝の太陽の光を浴びる事で、セロトニン神経は大いに活性化する性質があると云う。 規則正しい生活を送る事は、精神を安定させ、精神を強くしている。 有田秀穂著NHK出版「セロトニン欠乏脳」から得た情報です。

毎朝のトイレ掃除とか、もしやれば、凄い精神鍛錬になるだろうと思う。 そして、何か新しい事にもチャレンジすれば、活き活きしたエネルギーも湧いて来て、人生は更に充実すると思う。 毎日の単純な作業で、精神を強く守り、そして ワクワクするような夢にチャレンジする。 この組み合わせが大切なのだろうと思う。

|

« みかんの缶詰めと母の背中 | Main | 「待つ事も勇気」の意味 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« みかんの缶詰めと母の背中 | Main | 「待つ事も勇気」の意味 »