« 自照庵 | Main | みかんの缶詰めと母の背中 »

September 18, 2005

民主党代表、松下幸之助翁

昨日夕方、民主党の両院議員総会が開かれた会場である、芝の東京プリンスホテルに、たまたま居合わせた。16:20くらい、43才の松下塾出身の前原氏が、僅差で民主党代表に選ばれた事を知った。 ロビーは、緊張と熱気が溢れていた。 20年前、松下幸之助氏が、84才の時に、始めた政経塾の門下生が、徐々に政治の表舞台に登場して来た。 改めて、松下幸之助翁の人生の凄さを感じる。 20代の若者の目を輝かせた、84才の幸之助氏。 彼にもまた、中村天風と云う、偉大な師がいた。

前原氏の発言には、松下幸之助翁の発言を思わせるものが、随所に出て来る。今まで、地位・名誉・財などを求める政治家を、滑稽なくらい沢山見て来た。 私は、無党派層であるが、彼が、どのように、松下幸之助氏の精神を表現して行くのか、熱く見守りたい。

|

« 自照庵 | Main | みかんの缶詰めと母の背中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 自照庵 | Main | みかんの缶詰めと母の背中 »