« 各地のガイド検定 | Main | 足利義政からの手紙 »

September 30, 2005

人間関係考察

職業柄、人間関係の破綻について考える事も多い。 人は「私」を主張すれば、するほど、人との距離が拡がっていく。 一方、「私」を主張しなければ、何の為に生きているのかむなしくなってしまう。

それは、交換神経と副交換神経のバランスが、健康には大切な事と似ている。 良い人間関係の構築には、その「私」を出したり、引っ込めたりする リズムが大切だと思う。

現代の世相は、四六時中 「私」を主張する事を煽り、結局、"大勢の孤独な大衆"を生み出している。 「私」を抑えて、誰かの為に動く時、人の心をうつ。 そのような人間関係は、先ず肉親のなかには自然にある。

誰かの為に、「私」を抑えてもつき合っていきたいと思える人が、多くいれば、笑顔と祝福のなかで生きていけると思う。

|

« 各地のガイド検定 | Main | 足利義政からの手紙 »

Comments

いつも心に残る記事をありがとうございます。♪
・・・バランス・・・リズム・・・。納得です。
その大切な部分が崩れて私ドジをしました。
八つ当たりしてブログをお休みしていましたが
今日、再開する事が出来ました。
アドレスが新しくなりましたのでよろしくお願いしま~す。(^◇^)

Posted by: 千里 | October 01, 2005 at 11:14 PM

千里さんのブログは、どうされたんだろうと思っていました。 再開されて、好かったです。

Posted by: Life-Artist | October 02, 2005 at 05:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 各地のガイド検定 | Main | 足利義政からの手紙 »