« 大豆、海草、柑橘類 | Main | 夏祭り »

August 06, 2005

「あるべき姿」の呪縛

人は、身近な人であればあるほど、この人は、こうあったら好いなーと「あるべき姿」を心のなかでもっていると思う。関心があるだけ、注文はうるさいほど細かくなりがちだと思う。 しかし、人は余りにも複雑で、考えかた、感情や行動などでは、違いを意識する。 その時の対処の仕方が、その後の人間関係の形を作る。

そんな時、いつも思いだす言葉がある。 「過去と他人は、変えられない。 未来と自分は変えられる。」

他人を、全然違った生き物と思えば、ちょっと楽になる気もする。 自分が犬で、相手は猫とかでも好い。 違って当然、相手を知りたい気持が出て来れば、気持に余裕が出るような気がする。

周りを受け入れながら、願いと祈りの気持をもって、自分と未来を変えていけたら、素晴らしいと思う。 大切な人との関係ならなおさらそうすべきだと思う。 これも私の修行です。

|

« 大豆、海草、柑橘類 | Main | 夏祭り »

Comments

おはようございます。
「・・・未来と自分は変えられる。」ですね。
途中から妻となった者を指導すべき!と、夫を
責め心で接して20年余 でも今日から犬(夫)と
羊(私)の新しい考え方で生活を始めます。
アドバイスありがとうございます。♪

Posted by: 千里 | August 06, 2005 08:03 AM

千里さん、 私も人を責めたくなるときが沢山あります。 その時その責めたい対象が、自分の鏡と思えば、諦めがつきます。 全ては、自分がもたらしたようにも思えるのです。 それはそれとして意味があったと云う「絶対肯定の世界」が、安らぎをもたらすような気がしています。 コメント有難うございました。

Posted by: Life-Artist | August 06, 2005 11:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「あるべき姿」の呪縛:

« 大豆、海草、柑橘類 | Main | 夏祭り »