« 植物食の免役力の所以 | Main | ひょんきんだった父 »

August 03, 2005

離れたところから自分を見る意味

時に、人生は、渦潮に巻き込まれたように感じる事がある。 良い事も、悪い事も、何かに夢中にならざるを得ない状況、何かで頭が一杯になる状況がある。 人から見れば、幸せのはずが、幸せの自覚がなく、結局、自分を、ゆっくり観察する余裕が無いまま、日常に巻き込まれていく。

そんななかで、自民党の代議士が、一人亡くなったのではないかと、昨日自殺のニュースを聞きながら思った。 人生には、色んな選択肢がある。 離れたところから、自分を見る、ちょっとした時間や心が必要だと思う。

昨日、座禅の会からの会報が届き、「座禅は、得るものではなく、どんどん捨てていくもの。 一つ捨てれば、一つ明かになり、二つ捨てれば、二つ明かになる。」 とあった。 問題が、問題なのではなく、問題にしている自分が問題であることに気づくことが、座禅から学べる。

「円(まどか)なること、大虚の如し、欠くることなし、余ることなし」 このように、世界を、人生を見れたらと憧れる。

|

« 植物食の免役力の所以 | Main | ひょんきんだった父 »

Comments

「問題が、問題なのではなく、問題にしている自分が問題であることに気づくことが、座禅から学べる。」との個所を読みました。

自分自身の問題が、自分の頭を支配してきた状況とも言える私なので、なるほどと考えさせられました。

もっとその問題から自由になって、全部は解決できなくても、どんな対策を打っていくことができるのか、冷静に考えられそうです。

Posted by: 美鈴 | August 03, 2005 at 10:37 AM

ステキなコメントですね。問題にしている自分を客観的に見て、対処しようとしてる自分が好きになれれば、問題は自分を輝かせる宝物になると思います。

Posted by: 佳代子 | August 03, 2005 at 12:33 PM

美鈴さん、コメント有難うございます。 座禅の事、考える材料になった事は、嬉しく思います。

Posted by: Life-Artist | August 03, 2005 at 07:57 PM

佳代子さん、私にとって人生は修行の連続にも思えます。 でも、見えてくる風景は、時に新鮮で、今までにない、素晴らしい光景もあります。

Posted by: Life-Artist | August 03, 2005 at 08:00 PM

「離れたところから自分を見る意味」の記事を
拝読して、私の修行に少し自信が持て始めました。(*^。^*)
再婚する時お仲人を信じて一緒になりましたが現実派試練の真っ最中もがいておりますが大丈夫と思います。(家にお金がいくらあるか知らない・眼をを見て話しをしてくれない・土地家屋は子供名義・年齢さ21歳)疑問だらけ。でも自分が決めた2度目の結婚生活も20年を過ごしております。♪

Posted by: 千里 | August 03, 2005 at 08:58 PM

千里さん、私の記事が、役立ちましたら、嬉しく思います。 人生の修行と祭りの組み合わせは、どちらも大切な事と思っています。 私も、試練にも感謝する気持を持ちたいと思っています。

Posted by: Life-Artist | August 04, 2005 at 06:20 AM

おはようございます(*^。^*)
上記の私のコメントには誤字が多すぎましたことお詫びします。そして心の調整に努めます。♪

Posted by: 千里 | August 04, 2005 at 09:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69709/5289825

Listed below are links to weblogs that reference 離れたところから自分を見る意味:

« 植物食の免役力の所以 | Main | ひょんきんだった父 »