« 1億ドルの月旅行、10億ドルの人生旅行 | Main | 仙台の日帰りの旅 »

August 21, 2005

タンカーに学ぶ

タンカーは、荷物を積んでいない時は、船が不安定になるので、わざわざ、海水を船に取り込み、船を安定化させる。
それを船の用語でバラストと云う。 そして嵐になりそうな時は、海水を多めに取りこむ。

海水が船のなかに入る事は 沈没をイメージしがちなのに、むしろ 船の安定・安全の為に海水を取りいれる。 この事は、人間の悩み・逆境も、むしろ、安定に役立つ事を示唆してくれてるような気がする。

ある程度の 問題は常に 抱えていた方が、人間(船)も安定しているのかも知れない。

|

« 1億ドルの月旅行、10億ドルの人生旅行 | Main | 仙台の日帰りの旅 »

Comments

おはようございます。すごく心に響くお話です。人生経験が長い方の安定感って、経験の重みによるものなんですね。勉強になります。

Posted by: 佳代子 | August 23, 2005 at 09:42 AM

佳代子さん、私も、佳代子さんのブログから、沢山考える材料をもらっています。有難うございます。

Posted by: Life-Artist | August 23, 2005 at 10:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69709/5563545

Listed below are links to weblogs that reference タンカーに学ぶ:

« 1億ドルの月旅行、10億ドルの人生旅行 | Main | 仙台の日帰りの旅 »