« 人生80年時代の充実 | Main | バランス »

August 12, 2005

爪の形の意味

動物が肉食獣か、草食獣かは爪で見分けられると云う。 かぎ爪なら肉食、平爪なら草食。 動物園の動物を思い浮かべる。

その点では、人間は、本来草食である。(地球で、北に住む人間ほど、穀物・植物が取れなくやむを得ず肉食が多くなり、身体も大型になる)

この戦後 60年で、小学6年生の身長は17.6cm 伸び、 体重は14.5 kg 増えたと云う。 戦後の食生活の変化の影響は大きい。 戦前の日本人と比べ、米の摂取は半減し、動物性食品の摂取は8倍に急増したと云う。

「この60年と云う短期間の大型化が、肝臓・腎臓・心臓の負担を大きくし、小児の病気も増やして来た。」 と小児科医院を経営する真弓定夫先生は、分析しておられる。

じっと自分の爪を見ながら、自然に従って生きる事を考えてみた。 新しい視点。

|

« 人生80年時代の充実 | Main | バランス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69709/5431575

Listed below are links to weblogs that reference 爪の形の意味:

« 人生80年時代の充実 | Main | バランス »