« 6億人から60億人ヘ | Main | 二宮尊徳像 »

August 27, 2005

"未見の我"

吉田松陰の言葉は、教育者として人を鼓舞する力の凄さを感じる。

「未だ、見たことのなかった自分を目指しなさい。 心は熱く、一生に一度くらい、本気でやってみなさい。 必ず達成します。 運命を造りなさい。」 "未見の我"と云う言葉に凄まじい力が込められているように感じる。

松陰先生の教育を受けた人物は、熱い志のある若者が多くいた事がうなずける。 そんな弟子達にとって、武蔵野の処刑場の松陰先生を、柵の外から見送る時の、辛さは、どんなだっただろう。 気が狂うほどの悲しみと口惜しさだった事だろう。 それが、明治維新をつき動かしてきたのだと思う。

処刑を命じた、井伊直弼も真剣に生きた人だと思う。 松陰先生も真剣に生きた。 短くても、真剣に生きる事の、迫力、素晴らしさは、狂おしいほど、羨ましくも感じる。

本来昨日午後から、伊豆ヘ座禅に行く予定が、急用で行けなくなったが、何故だか、今朝は吉田松陰先生の事を思った。

|

« 6億人から60億人ヘ | Main | 二宮尊徳像 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference "未見の我":

« 6億人から60億人ヘ | Main | 二宮尊徳像 »