« 思い出に残る一日 | Main | バランスとリズムの世界、調和 »

July 28, 2005

122才の事例

先日行なわれた日経ホールでの健康セミナーで、人類の最高長寿事例として、フランスのカルマンさんと云う女性の例を聞いた。 彼女は、1875年生まれ、1997年に亡くなり、122才だったとのこと。

122年と云う人間の寿命、また西南の役(1887年)の頃に生まれた人が、最近まで生きておられたと云う事に驚いた。

講演をした90代の現役医師、日野原先生は、カロリー制限と長寿の関係についても述べられた。 人間に近い赤毛猿の事例で、カロリー制限30%の猿と、制限無しの猿では、明かにカロリー制限猿が毛並みも良く若く、長寿であったとの事。 確かに、食べ過ぎと長寿は、結びつかないように思って納得。 何事も「足るを知る」謙虚な生活態度が大事かと思った。

|

« 思い出に残る一日 | Main | バランスとリズムの世界、調和 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69709/5195851

Listed below are links to weblogs that reference 122才の事例:

» [気になるブログ10件]
今日の格言************************************************音符だけが音楽ではありません。鳥の声を聞いても、谷川のせせらぎを聞いても、それを音楽と聞こえる耳を養いなさい(久保田稲子 東洋音楽学校 元教授)************************************************あ...... [Read More]

Tracked on July 28, 2005 at 02:51 PM

« 思い出に残る一日 | Main | バランスとリズムの世界、調和 »