« 飴色の輝き | Main | 水泳・木原光知子さんの魅力 »

July 01, 2005

イスラムから見える世界

昨日、パキスタンのジャーナリスト、ムハマド・ズベル氏の講演を聴いた。 以前中東に住んでいた私は、何度か訪れたイラクの情景・人々を思い出し、現在の惨状を聴きとても悲しくなった。 サダムフセインの圧制から開放する為に、テロの根絶の為に行なって来た筈の米国の介入なのに、人間の哀しさを感じる。

イラク社会の大手術には、人格的にも技術的にも優れた名医が、十分な設備・準備をして、行なうべきだったんだと思う。 空爆によるインフラの破壊、治安の悪化、市民の生活苦、化学兵器原因と思われる新しい奇病発生、これでは、「フライパンから火のなかに入った」ようなものではないかとさえ思った。

彼は、Newsは、" North,East,West,South "の頭文字で、東西南北の見方をすべきだと云った。 「イスラムから見える世界」について、もっと考えて見なければならないと思った。

|

« 飴色の輝き | Main | 水泳・木原光知子さんの魅力 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イスラムから見える世界:

» 【第17話】 〜宗教について思うこと 其の一〜 [アリーマの中東ぶらぶら回想記]
●イスラム教への関心の高まり 十余年前には考えられなかったことだが、 イスラーム乃至はイスラム教について知りたい、という熱意は驚くほど高まっ ている。 この熱意の元が、戦争であったりテロリズムであったりと、 必ずしもポジティブなところからの関心でない... [Read More]

Tracked on July 02, 2005 02:22 PM

« 飴色の輝き | Main | 水泳・木原光知子さんの魅力 »