« 人体への畏敬 | Main | 広重、江戸百景 »

July 18, 2005

花火と人生

昨日は、横浜の花火大会であった。遠くに見える花火を、家のベランダからちょっと見た。 花火は、何か不図思わせるものがある。

闇が無ければ、輝かない花火。 沢山の連続した花火が、印象に残る訳でも無い。 間隔が空いた、あざやかな一発にこそ、印象に残るものもある。 そして、その花火の華麗さの度合いが、強く心に残るものもある。

人生のなかでも、闇もまた時々の花火を演出している。 あざやかな花火造りが、人生かも知れない。

|

« 人体への畏敬 | Main | 広重、江戸百景 »

Comments

Life-artistさんおはようございます。
おかげさまで復活しました。
まだ後遺症は残っていますが、料理、散歩、掃除などを”無心に”行うと心が強くなります。

Posted by: 佳代子 | July 18, 2005 07:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 花火と人生:

« 人体への畏敬 | Main | 広重、江戸百景 »