« 血圧の変化 | Main | 知る喜び、ノーベル賞 小柴さんの話 »

July 21, 2005

江戸の人口

江戸時代の江戸の人口を調べてみた。 1843年の調査で、町人の人口は約60万人 、武士は60万~80万人。僧・神官 約5万人。 合計125万人~145万人。

18世紀のパリは約50万人。 17世紀のロンドンは約38万人だったので、江戸は、当時 とてつもなく大きな、世界的な巨大都市だったとのこと。 面白い発見でした。

|

« 血圧の変化 | Main | 知る喜び、ノーベル賞 小柴さんの話 »

Comments

はじめまして。
この記事を読んで、統計を見る面白さというものを教えられた気がします。
うさぎは、地図を見るのがすきで、
それだけで旅行した気分になったり、地形から気候や人々の暮らしを想像したりします。

Posted by: うさぎ | July 29, 2005 11:13 AM

うさぎさん、面白いネーミングにも驚きました。コメント有難うございます。 旅がお好きですか?
今後とも宜しくお願いします。

Posted by: Life-Artist | July 30, 2005 06:02 AM

今でも、東京って街は、NYやパリ、マドリッド、ロンドンの比ではないでしょう??外国の首都は殆ど足で、はしからはしまで歩けるんじゃないんですか?それに、江戸時代、識字率は世界一だったとか。

Posted by: 山口ももり | October 26, 2005 04:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 江戸の人口:

« 血圧の変化 | Main | 知る喜び、ノーベル賞 小柴さんの話 »