« ドイツ室内管弦楽団 | Main | 血圧からみた世界 »

July 04, 2005

サラリーマン金太郎

先日、"サラリーマン金太郎"で有名になった俳優・高橋克典氏の対談を聞いた。
彼は、デビューが遅く28才まで、俳優を目指して、アルバイトとか不安定な仕事をしていたとのこと。

ある時、友人が、「才能は、誰にでもある。 それを 磨 く力 があるか無いかだけだ。」 と云った言葉に、彼は強く励まされ、頑張れたと云う。 彼のことは、良く知らなかったけど、ちょっと彼のファンになった。

|

« ドイツ室内管弦楽団 | Main | 血圧からみた世界 »

Comments

Life-Artistさん こんにちは
いつも人の才能を羨ましがっていた自分自身を反省すべきなのでしょうか。

ここ数日の私の喜びを分かっていただけますでしょうか?Life-Artistさんと知り合って本当に良かったとの思いでいっぱいです。

Posted by: りりー姫 | July 04, 2005 at 03:20 PM

リリー姫さん、この数日の展開も素晴らしいと思います。 充実されてるようす私も嬉しく思います。 個性的に、自分を自然に、表現できる事は、喜びだと思います。 私も感謝しています。
コメント有難うございます。

Posted by: Life-Artist | July 04, 2005 at 10:46 PM

life-Artistさん こんばんは!
コメントいただきまたまた嬉しくなりました。

Posted by: りりー姫 | July 04, 2005 at 11:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69709/4820731

Listed below are links to weblogs that reference サラリーマン金太郎:

« ドイツ室内管弦楽団 | Main | 血圧からみた世界 »