« 江戸の人口 | Main | 痛快、養老猛論 »

July 22, 2005

知る喜び、ノーベル賞 小柴さんの話

昨日、ノーベル賞の小柴昌俊さんの講演を、鎌倉円覚寺の早朝講演会で聴いた。 小柴さんは1926年生まれの78才。 3才の時に、母は、結核で他界。 子供時代は、小児麻痺にもなられ、今もその後遺症があると云われた。

彼は、そのような過去を、振り返りながら、「やれば、できる」と題した話をされた。 但し、やればできると云っても、「本気でやれば」と云う事ですと付け加えた。

彼の、研究の分野に話が及ぶと、真理探求の熱い情熱が、強く会場に溢れた。 彼は、ニュートリノと云う、電気を持たない素粒子の探求に夢中になり、通常の人が、光を通して、物を見ているように、彼は、ニュートリノと云う物質を通して、物を見ているようであった。 そのニュートリノを通して見た太陽の写真を、スライドで見せてくれた。 何と云うロマンなんだろうと思った。

彼は、圧倒的な、「知る喜び」につき動かされ、その喜びを伝道しておられるようであった。 彼は、ノーベル賞の賞金3500万円を投じて、また寄付を募り、平成基礎科学研究所を創設、基礎科学研究の面白さを広く伝える運動を主催されている。 「ライフワークと情熱」の人生に触れ、清々しい気持になった。

|

« 江戸の人口 | Main | 痛快、養老猛論 »

Comments

ニュートリノに質量があるかないかは人類の「生き方」にとって重大な問題デス。

Posted by: 佳代子 | July 22, 2005 12:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 知る喜び、ノーベル賞 小柴さんの話:

« 江戸の人口 | Main | 痛快、養老猛論 »