« 大敗北の効用 | Main | 心の一考察 »

June 24, 2005

「修行」と「努力」の差

「努力は、目標に対して水泡に帰すこともあるが、修行はそのようなことは無い。」 村上雅治医師(村上クリニック院長)の講演のなかの言葉です。 修行は、自分を強くする為の業。 修行はするものと云うより させてもらうもの。

確かに、人生における苦しみ、悲しみも、日々自分を強くする為の訓練と思えば、有り難い気持も湧いて来る。
辛いことも、何故か、わからないが、あの坂を超えれば、故郷が少しづつ見えて来るような、1歩1歩の心地良い歩みのように感じる。 「修行」、とても惹かれる言葉だ。

|

« 大敗北の効用 | Main | 心の一考察 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「修行」と「努力」の差:

« 大敗北の効用 | Main | 心の一考察 »