« 知床への憧れ | Main | "新日曜美術館"の魅力(蕪村) »

June 19, 2005

身体の中の戦場の場面

老化、病気の元、活性酸素、吸い込んだ酸素の2~3% がこの憎き活性酸素になるという。 この活性酸素と戦う強い戦士の一人がビタミンE、活性酸素と相打ちになって死んで行くのだそうです。 そして、その戦場に何と、助っ人が現れ、死んだビタミンE をしっかりせよと抱き起こし、生き返らせてくれるのがビタミンC 。 ビタミンCはビタミンEの命の恩人でもあります。 ビタミンCはビタミンEのリサイクル作用をしていると云うことです。流石、ビタミンの王様、ビタミンC ですね。 戦いの様子が浮かんで来ます。

活性酸素も全て悪いのではなく、吸い込んだ細菌やウィルスを殺す為に意味があると云う。 但し、活性酸素が、悪玉コレステロール(LDL)と組んで、身体に悪さをするとのこと。

生活ホットモーニング などでも、お馴染みの本多京子先生の講演で聴いた話です。

日々戦いの人体、そして数々の戦場である人体。 自然に長い歴史で食べて来た健康食にはそのような、自然治癒力を高めてくれる要素があると思う。 自分の意思で、これらの戦いに援軍を送るのが、食育だと思う。

|

« 知床への憧れ | Main | "新日曜美術館"の魅力(蕪村) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69709/4614738

Listed below are links to weblogs that reference 身体の中の戦場の場面:

« 知床への憧れ | Main | "新日曜美術館"の魅力(蕪村) »