« 空に星があるように | Main | 7年毎の別の人生 »

June 11, 2005

航空機燃料アップ、肥満分試算

ファーストフードの影響か、今や、米国人の1/4が肥満と云われる。

また、この10年で、米国人の体重が平均で4.5kg増加したと云うデータがあると云う。 そのことで米国の医療費が
約8兆円増加、そして、航空機の燃料も300億円増加したと云う試算があるらしい。 次いでに、ハーハー云う息でCO2の増加も試算したとか?

笑いを誘いながらも、ファーストフード大国の悲劇の一面。 ファーストフードは、動物性脂肪・砂糖の固まりのようなものが多い。 ファーストフードは、超カロリー過多、ビタミン・ミネラル・食物繊維の超不足の食品が多い、貧しい国も含めて、世界中に糖尿病も拡大させている。

|

« 空に星があるように | Main | 7年毎の別の人生 »

Comments

おひさしぶりです。日記共感をもってよく読ませていただいています。
私も「食」の問題は関心事のひとつで、まえから実感していたのですが、今日改めておもしろい感じありました。
ここのところ忙しく外食が続いていたのですが、今日は休みだったので吉祥寺のオーガニックレストランにランチを食べにでかけました。
野菜のおかずばかり6品に玄米、味噌汁のランチ定食でした。
食べ終わった後、いつになくからだと気持ちがす~っと落ち着くのを感じました。何か満ちた感じでとっても心地よく穏やかな・・
以前から自分で丁寧につくった和食を食べたあとや、1週間の断食のあとも似たような感じを味わっていましたが、肉や動物性油脂が多い外食が続いていて、体が信号を出しそうになっていたときだけに、よけいに敏感に感じられたのだと思います。

じぶんの体が「心地よい」と感じる「食」をしっかり取り戻したいものですね。

Posted by: なかだ | June 11, 2005 at 08:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69709/4503739

Listed below are links to weblogs that reference 航空機燃料アップ、肥満分試算:

« 空に星があるように | Main | 7年毎の別の人生 »