« 「修行」と「努力」の差 | Main | 婉曲表現の極み(英語) »

June 25, 2005

心の一考察

医師として、心の存在について考え、そして出した結論が、「本能を教育したものが心ではないか?」 と村上雅治医師はおっしゃっている。

インド、ヴェーダンダ哲学の本に、「意思の退化したものが本能」とある。

本能が種子で、心は樹木なのだろうか? 種子を、時に「魂」と呼んだりしているのだろうか? 色んな心が、樹木のように育つ。 山々に沢山の木々があるように、人の心も、そのように存在しているのだろう。

同じに見えたり、違って見えたり。 心は、それでも、自然の一部の表現なのだと思う。

|

« 「修行」と「努力」の差 | Main | 婉曲表現の極み(英語) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69709/4696652

Listed below are links to weblogs that reference 心の一考察:

« 「修行」と「努力」の差 | Main | 婉曲表現の極み(英語) »