« 身体の中の戦場の場面 | Main | 人生への私のこだわり »

June 20, 2005

"新日曜美術館"の魅力(蕪村)

昨日、TVで"新日曜美術館"を見た。 蕪村をやっていた。 学校で習った蕪村にはない、蕪村の魅力に触れた。

京都の北村美術館所蔵の、蕪村の「鳶、からす図」が心に残った。 降りしきる雪にじっと耐える2羽のからす、風の方を向き風に立ち向かう鳶の絵です。 静と動。 深い人生の味わいを感じさせる絵だと思った。いつか 本物を見てみたい。

絵画のような俳句と云われる蕪村の句。 13才の時 死別した母の故郷、丹後の国を訪れた時の感動を、「夏河を越す うれしさよ 手に草履」 と詠んでいる。 水の音が聞える。

|

« 身体の中の戦場の場面 | Main | 人生への私のこだわり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69709/4629620

Listed below are links to weblogs that reference "新日曜美術館"の魅力(蕪村):

« 身体の中の戦場の場面 | Main | 人生への私のこだわり »