« 「盛大な人生」 中村天風著 | Main | イスラムから見える世界 »

June 30, 2005

飴色の輝き

古民家など古い木造の建物の木が、飴色に輝いているのをみかける時がある。 経年変化の何とも云えない味わいのある美だ。 新しく見映えの好い最近の建材は、時を経て、劣化し、醜く剥がれ落ちていく素材もある。

しっかりした木は、そこに住む人の全ての生活の営みや経験を包み込んで、優しさを醸し出すようなべっ甲飴のような色に変わっていく。 人間も、人生の経験が飴色のように表れるような生き方に私は憧れる。

|

« 「盛大な人生」 中村天風著 | Main | イスラムから見える世界 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69709/4767978

Listed below are links to weblogs that reference 飴色の輝き:

« 「盛大な人生」 中村天風著 | Main | イスラムから見える世界 »