« タイタニック号の想像の効用 | Main | 身体の中の戦場の場面 »

June 18, 2005

知床への憧れ

電車の駅の日経写真ニュースで、知床が、7月に世界遺産に登録される見こみと報じていた。 ヒグマ、シマフクロウ、オオワシ など棲息する大自然。 いつか行ってみたいと憧れる。 登山家の田部井淳子さんが、講演で、南極の光景を見た時、「この世に、こんなに美しいものがあるのかと思った。生きてて本当に良かった。」とおしゃっていたことを思い出す。

人は何故、大自然に感動するのだろう。 圧倒的な大自然の前では、人間は全てが剥がれ、素直な自分の内面を見るのだろう。そして、生物としての自分が、その大自然の一部であることを感じ、安らぐのだろう。

|

« タイタニック号の想像の効用 | Main | 身体の中の戦場の場面 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69709/4601580

Listed below are links to weblogs that reference 知床への憧れ:

» 一歩進んだ環境対策 知床でゴミ有料化@朝日 [娑婆に出る]
知床半島にある北海道羅臼町が、観光客のごみを7月から有料化する条例案を22日の町議会で可決した。専用のごみ袋を町内の主な商店やホテルなどで1枚100円で買ってもらい、売った施設は回収も引き受ける。知床の世界自然遺産登録に向け、ごみの散乱を防いで環境へ... [Read More]

Tracked on June 23, 2005 at 01:50 AM

« タイタニック号の想像の効用 | Main | 身体の中の戦場の場面 »