« ITの国、エストニア(Wifi Network) | Main | 医師の平均寿命 »

May 12, 2005

てんつくマンさんの精神世界の美

昨日、元吉本興業のてんつくマンさん(お笑いコンビTeam O, 相方 山崎邦正)の講演を聴く機会があった。彼は、吉本を辞め、路上詩人(書き下ろしパフォーマンス)をやり、又 人に人生と夢の素晴しさを訴える映画を創っている。 彼の人生に対する、精神性の高さ、美学には感動した。 彼の創った映画も少し見せてもらった。 惹き込まれるような激しい、人間の生命の詩のような映画であった。 彼の言葉のなかで、私は次の言葉を書きとめた。

「今日は、残りの人生の最初の日」
「幸せな人は、どんな状況の中でも、幸せをみつける事ができる人」

彼は、「お金や物」ではない素晴しい 精神世界の美とエネルギー をはっきり 捉えていると思った。 「お金や物」は必ず人を裏切ると私は思います。人生の充実にはこれが要るのだと 私も 強く共鳴した。

|

« ITの国、エストニア(Wifi Network) | Main | 医師の平均寿命 »

Comments

Life-Artistさん おはようございます。
きのうはコメントいただきましてありがとうございました。

Posted by: りりー姫 | May 12, 2005 08:06 AM

Life-Artistさん こんばんは
私もその奥さんから話をきくまでドアに足を入れるなど想像もしていませんでした。危険に立ち向かった時どう対処すべきかを普段から常に個人が心がけて行くべきではないでしょうか。私も非常に勉強になりました。

Posted by: りりー姫 | May 12, 2005 07:27 PM

Life-Artistさん 
渡邊瞳さんの「命の歌」を読んでいただきまして私の方こそ感謝します。よその新聞社は取り上げたかどうかは分かりませんがこの作文はもっと沢山の方に読んでいただき私を含めて命の大切さに感謝していきたいと思っています。
大感激と言う言葉に私が感激しております。

Posted by: りりー姫 | May 12, 2005 07:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference てんつくマンさんの精神世界の美:

« ITの国、エストニア(Wifi Network) | Main | 医師の平均寿命 »