« 人生のエピソード | Main | 30年前の父の写真 »

May 18, 2005

哀しみと笑顔の交差(人生論)

深い哀しみを持つことも、人間の魅力だと思う。 何故なら、人は、哀しみを持つ時があるから。

人は、哀しみを持つ時、笑顔だけの人には、理解してもらえないと思って、近寄れない。

哀しみと笑顔の交差する人生を、淡々と穏やかに生きる人に、深い魅力を感じる。
深くて、力強い人間の魅力を感じる。

|

« 人生のエピソード | Main | 30年前の父の写真 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 哀しみと笑顔の交差(人生論):

« 人生のエピソード | Main | 30年前の父の写真 »