« 人生のエピソード | Main | 30年前の父の写真 »

May 18, 2005

哀しみと笑顔の交差(人生論)

深い哀しみを持つことも、人間の魅力だと思う。 何故なら、人は、哀しみを持つ時があるから。

人は、哀しみを持つ時、笑顔だけの人には、理解してもらえないと思って、近寄れない。

哀しみと笑顔の交差する人生を、淡々と穏やかに生きる人に、深い魅力を感じる。
深くて、力強い人間の魅力を感じる。

|

« 人生のエピソード | Main | 30年前の父の写真 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69709/4176089

Listed below are links to weblogs that reference 哀しみと笑顔の交差(人生論):

« 人生のエピソード | Main | 30年前の父の写真 »