« Finland by boat | Main | エストニアの旧市街の路地 »

May 09, 2005

エストニアの旧市街の城壁

今日(5/9)の昼、エストニアから帰国しました。やっとHPに、平常に書きこみができ嬉しく思います。
インターネットカフェでは、やはり日本のように自由に書きこみは出来ませんでした。 (次回の海外は工夫しようと思っています。)

DSCF0548

1284年、日本では元寇の頃 (1274文永の役、1281年弘安の役)、 Tallinn(Estoniaの首都)はハンザ同盟に加盟、繁栄の中世を向かえました。 中世のまま、時が止まった街、今も当時の鐘が鳴る教会、17世紀から 今も時を刻み続ける聖霊教会の大きな壁時計。

街の広場には、1422年 創業の薬屋が今も同じ場所で営業していました。1422年と云えば、コロンブスのアメリカ大陸発見(1492年)より前です。 日本では 正長の土一揆(1428年)の頃です。

不思議な体験でした。 大きな驚きの体験でした。 また改めて、歴史の勉強をしたくなりました。

|

« Finland by boat | Main | エストニアの旧市街の路地 »

Comments

Life-Artistさん こんばんは
ご無事でなによりでした。

Posted by: りりー姫 | May 09, 2005 08:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エストニアの旧市街の城壁:

« Finland by boat | Main | エストニアの旧市街の路地 »