« 哀しみと笑顔の交差(人生論) | Main | 10メートルの配管 »

May 19, 2005

30年前の父の写真

私の父は、旧満洲の鳳城に住んでいた。 昭和51年6月の福岡で開かれた同窓会の記念写真を、会の人から見せてもらった。 そして、背広姿の私の父の姿を見つけた。 優しい父の姿があった。 その当時、どんな気持で人生を送っていたのだろうと、色んなことを思った。

満洲からの生死をかけた逃避行、そして帰国後のゼロからのスタート。 過去の苦難から見れば、穏やかな日々であったのかも知れない。 当時 私は入社間もない頃で新潟にいた。 当時の父母からの手紙を想いだす。

雨上がりの、曇り空の島原に、ミヤマキリシマが鮮やかに映えている。

(18日~19日、島原で開かれた 満洲 鳳城の同窓会に参加する姉に同行しました。)

|

« 哀しみと笑顔の交差(人生論) | Main | 10メートルの配管 »

Comments

Life-Artistさん おはようございます。
今日の記事で30年前の写真の話ですが私は父の大阪万博の時写っていた写真を想い出しました。先日の「転びそうになりました」の表現が脳裏から離れません。

Posted by: りりー姫 | May 19, 2005 09:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 30年前の父の写真:

« 哀しみと笑顔の交差(人生論) | Main | 10メートルの配管 »