« 凛とした国 | Main | 人生の操縦桿 »

April 22, 2005

動植物の生命

動植物の生命そのものが、人間の食事。 お金は払っていると云っても、生命の値段は払っていない。 お金を払っているのは、手間賃だけ。 ー筑波大学 村上和雄先生の講演ー
食事の前に、手を合わせる事の意味を思う。

|

« 凛とした国 | Main | 人生の操縦桿 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69709/3804916

Listed below are links to weblogs that reference 動植物の生命:

« 凛とした国 | Main | 人生の操縦桿 »