« 小林ハルさんの言葉 | Main | 北緯42度、肉食文化の境界 »

April 27, 2005

和英辞典のユーモア

時には、和英辞典もユーモアの宝庫であると感じる。 例えば、「チンドン屋」を調べてみたら
"One-man Orchestra"とは驚いた。 (ちょっと、大きな辞典では、"a band of musical sandwich men""ding-dong band for publicity"とある).

「おから」を"Residue of Tofu"と云うのも笑った。( 大きな辞典では"bean-curd refuse" "lees of bean curd")

|

« 小林ハルさんの言葉 | Main | 北緯42度、肉食文化の境界 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69709/3875956

Listed below are links to weblogs that reference 和英辞典のユーモア:

» 辞書フェチの辞書遍歴 [英語生活ノおト+α]
歌詞フェチと自認する管理人、実は大の辞書フェチでもあります。英語に触れるようになってから数10年、一体何冊の辞書を使ったか、とても覚え切れません。 学生時代 中学、高校の頃は、ちょっと名前は思い出せませんが、最初は研究社の学習辞書を使いました。当時みんなが結構持っていた三省堂のクラウンは使いませんでした。そのうち、辞書って読むと結構面白いものだと気が付き、それから辞書漁りが始まります。いま覚えているだけでも大修... [Read More]

Tracked on May 05, 2005 at 11:40 PM

» 「和英辞典」でブログ検索してみました。 [日刊カタログ]
「 和英辞典 」の検索結果で、「小さな驚きの記録 .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。 [Read More]

Tracked on May 15, 2005 at 08:57 PM

« 小林ハルさんの言葉 | Main | 北緯42度、肉食文化の境界 »