« 飽食の危険 | Main | 常温で固まる動物性脂肪 »

April 07, 2005

先生を尊敬しない中学生が8割の日本

世界の20カ国の中学3年生の、学校の先生を尊敬しているかのアンケート調査の結果の話に愕然とした。 韓国84.9%、 中国82%、 日本21% 。 19位でも70%台なのに、日本は断トツの最下位21%であったとのこと。 50%以下は、国としても危機的状況とも云われる。 物事を余りにも批判的に見る風潮は、自らにも同じ激しい批判が帰って来る。 日本は、今混沌の中にある。 子ども達、若者の荒涼とした、寂寥とした精神は、生活の乱れ、食の乱れと、また悪循環を起こしているようにも感じる。 精神的支柱になるような、新たな価値観が必要な時代だと思う。

|

« 飽食の危険 | Main | 常温で固まる動物性脂肪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69709/3599291

Listed below are links to weblogs that reference 先生を尊敬しない中学生が8割の日本:

» 子供に、”尊敬する”ということを! [こころの便利屋]
「学校の先生を尊敬していますか?」というアンケート調査では、日本の中学生の8割が尊敬していないと答えています。びっくりするような数字です。 世界の20カ国で行われたこのアンケート結果は、韓国84.9%、 中国82%、・・・日本21% 。 19位でも70%台なのに、20位の日.... [Read More]

Tracked on June 21, 2005 at 01:18 AM

» ライブドア事件に思う [念ずれば花開く]
 吉田松陰は「それ学は、人の人たる所以を学ぶ」と言った。人の人たる所以は徳性と知識技能に集約される。徳性を修めるのが人間学であり、知識技能を身につけるのが時務の学である。  ものには本末がある。木は根が本であり、幹や枝が末である。人間の本は徳性であり、末が知識技能である。徳を修めるのを本学といい、知識技能を学ぶのを末学というのは、このことを示している。  敗戦後60年、日本人は本学を忘れ、末学一辺倒で走ってきたので�... [Read More]

Tracked on January 24, 2006 at 06:43 PM

« 飽食の危険 | Main | 常温で固まる動物性脂肪 »