« 私が考える「幸せの定義・条件」 | Main | 「この指とーまれ」のこの指が"志し" »

March 10, 2005

松下幸之助さんの人生

松下政経塾の卒業生の26名が今、政治家になっているそうです。85才の時、政経塾を作られた意欲、使命感は敬服します。 時々、その卒業生の講演を聴く機会があります。松下幸之助さんは、自分が、比較的成功したのは、お金も無く、学歴も無く、健康でもなかったからだと塾生に述懐されたそうです。 好い事も、悪いことも起きていない、起きているのは事実だけ、その事実に意味を持たせるのは、その人の心。

|

« 私が考える「幸せの定義・条件」 | Main | 「この指とーまれ」のこの指が"志し" »

Comments

こんにちは 私は 松下電気産業の給湯暖房器の大ファンでした。松下の給湯暖房器はまず人の使い勝手を決めて、故障修理する人の使い勝手を決めて・・・揃った所ではじめて売り出します。後発になるのはマネシタ電器だからではないのです。慎重で丁寧だからです。
松下幸之助さんのことは良く知りませんが、「モノ」を作るにはモノを作る「人」をつくるというメーカーの様な気がします。少し値段が張ってもあたりまえです。価値があります。

Posted by: 修行僧 | September 22, 2005 at 07:56 PM

修業僧さん、私も修業しています。 修行僧さんのブログ 時々見に行きます。 よろしくお願いします。

Posted by: Life-Artist | September 23, 2005 at 05:46 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69709/3241177

Listed below are links to weblogs that reference 松下幸之助さんの人生:

« 私が考える「幸せの定義・条件」 | Main | 「この指とーまれ」のこの指が"志し" »