« 徳川家康の人生 | Main | ガッツ石松さんの人生観に共感 »

March 04, 2005

西武グループ、堤 会長の人生に想う

今日の新聞に 王様「一転過去の人」との見だしがあった。 人生は、大きな波に翻弄されるように見える。 何だか分らないおおきな力で、上(栄光)に持ち上げられ、又、なんだか分らない力で、下へたたきつけられる。 アレクサンダーの映画の中でも見た光景だ。 日常の平凡な 「小さな、質素な、幸せ」、それに気付く境地に早くなれるかが、人生の充実には大事なことかとしみじみ想う。 人生は、よく噛みしめれば、それぞれに味わい深い場面ばかりなのだ。

|

« 徳川家康の人生 | Main | ガッツ石松さんの人生観に共感 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69709/3164584

Listed below are links to weblogs that reference 西武グループ、堤 会長の人生に想う:

« 徳川家康の人生 | Main | ガッツ石松さんの人生観に共感 »