December 13, 2019

歌舞伎の「風の谷のナウシカ」、など、

昨日、会社のアラブ人同僚が、諦めていた歌舞伎の風の「風のナウシカ」のチケットが手に入ったといって大喜びしていた。

今度、彼が行きたいと言っているのは、「デスノート」、1月のチケットが取れて、二人で行くことにした。

23日は、横浜アリーナで開催の、ボクシングの世界タイトルマッチ戦。これは、私が行く予定にしたら、彼も来たいと云う。

いろんな縁により、想いがけなく、私の日々が展開。

小さな驚きが続く。

|

December 12, 2019

モーツァルト、中村哲さんの葬儀、福岡、

昨日、福岡で、ペシャワールの会の中村哲さんの葬儀が行われたニュースをTVで見た。

昨日、新潟のアンリ神父からも、中村哲さんのことのメールを頂いた。

続々と伝わる中村哲さんの偉業に、私は日々、心を洗われる。

彼の人生を深く知りたくなる。

今度、大牟田に帰省した時は、彼のゆかりの地を訪ねたい。

彼の葬儀では、好きだったモーツァルトの曲が流れていたと云う。

|

December 11, 2019

ベリーダンス、四谷、

昨日は会社帰りに、四谷の喫茶サロンで開催のベリーダンスショーに立ち寄った。

1989年、アブダビのシェラトンホテルのホールで、深夜初めて見たベリーダンスを想い出す。

アラブ文化との出会いだった。

アラブ音楽のリズムが、当時のアブダビの光景に誘う。

私の人生の後半を彩るアラブとの関わり。

私のアブダビ駐在が、私の人生を転機となった。

会社帰りのベリーダンスが、不図、私の人生を俯瞰させる機会を与えてくれた。

|

December 10, 2019

故郷を見直す、中村哲さんの光、

12月4日、アフガニスタンの銃撃事件で亡くなった中村哲さんの偉業に、毎日、驚いている。

その中村哲さんの家が私の故郷の大牟田にあり、奥さん娘さんも大牟田に住んでらっしゃることが、何か大牟田に、新しい光を与えてくれた。

私の高校の同級生の経営するレストランに、アフガニスタンから一時帰国する度に家族で食事に来てくれたエピソードも、身近な縁を感じる。

中村哲さんが、一時帰国の度に、見ていた大牟田の光景。

故郷大牟田が、神々しく想える。

|

December 09, 2019

ESS(英語会)、民族舞踊研究会、

先日新潟に行った時、新潟大学のESSの代表だった友人(後輩)とも、久しぶりに会った。当時、私が社会人のESSの代表で、交流をしていた。英語漬けだった日々の想い出。今、お互いの話題は、福祉に関する話になっていて、それも、不思議な安らぎだった。

昨日の昼、新潟から東京に帰って来て、午後は、大学時代の民族舞踊研究会の同期の女性(故人)の偲ぶ会(7人)に出た。やはり、いつしか、ダンス(舞踊)のことより、近況を語り合うことが新鮮であった。

英語会、民族舞踊研究会、私の関わった大学のクラブの想い出。

|

December 08, 2019

新入社員の頃、新潟製油所勤労課

私が新潟製油所勤労課、新入社員の頃、約50人の人達と再会。約40年の歳月。

お互いをジッと見て、懐かしがったり、ずっと記憶をたどったり。

私は、大学を出てすぐの頃、痩せていたことが、今との違い気づかされた。貫禄がついたと云われた。

労働組合の委員長からは、私が将来「社長になるかもと思った」とか意外なことも云われて驚きだった。

現場の人には、私は、将来海外の仕事をしたくて英語を勉強しているとかも云っていたと云う(自分のことながら)。

同じ年位の大卒の後輩からは、私は、昔と変わらない口調やギャグっぽいことばかり云っていたとか苦笑した。

40年振りの再会で、私の20代が、まざまざと私の脳裏に浮かんだ。

人生の現在地の確認の想いや、やるべきことに、また目覚める。今回、新潟に来てよかったと、つくづく想う。

|

December 07, 2019

会社帰り新幹線で新潟へ、

昨日は会社を1800に終え、東京駅1852発の新幹線で新潟へ。会社を終えてすぐの旅立ちは、コロッと場面が変わって好い。

車窓の夜景の景色を見ながら、酒と弁当。旅心の味わい。

21時過ぎに新潟に着き、タクシーで古町のホテルへ直行、タクシーの運転手さんと、最近の新潟の世間話。

旅は、日々の自分の人生を振り返らせくれる。

今日は、沢山の懐かしい人達との再会がある。旅は、私の人生の羅針盤。

|

December 06, 2019

アフガニスタンで銃撃の中村哲さんを悼む、

昨日、大牟田在住の同窓生から、一昨日アフガニスタンで銃撃され亡くなった中村哲さんが、日本に一時帰国すると、家族でよく同窓生の経営するレストランに来ていたと云う話を聴いた。

30年アフガニスタンに滞在し、アフガニスタンの復興に尽力した人生は神々しい。地元の人々に尊敬され感謝されて来た生き方が輝いている。

その後、私の友人達からも、続々と彼にまつわる情報が集まって来た。報道でも、またインターネットでも、沢山のことを知り、中村哲さんと云う人生から衝撃を受けた。

中村哲さんが、家族でよく行っていた店が、私の故郷の大牟田にあり、私が最近帰省の度に訪れていた店でもあった。何かの縁を感じながら、中村哲さんの冥福を祈る。

|

December 05, 2019

横浜ホテルニューグランド、ペリー来航の間、横浜三田会、

昨日は、横浜三田会のレセプションがホテルニューグランドで開催された。会社帰りに直行した。

現役の慶応大学応援指導部の学生のリ-ドで応援歌、塾歌斉唱など歌う。

山下公園の前の港の夜景を見ながら、大きなペリー来航の絵画が描かれたバンケットルームで、約300人くらいの集い。今年の夏に初参加して、今回は二回目、友達が数人できた。若い卒業生達とも親しくなれた。

ちょっと、場面が変わる一日の楽しみであった。

|

December 04, 2019

新潟は週末は雪とか、

今朝は「100分で名著」は「カラマゾフの兄弟」だった。母がよく話していたトルストイのことを少しでも知りたいと想う。

今朝、横浜の自宅から出勤する時、雪を頂いた富士山が見え、足を止めて携帯の写真を撮った。

今週末は、日石新潟製油所の大同窓会があり、何十年振りの再会も実現しそう。週末は、新潟は雪らしい。雪の新潟は、私の20代の想い出。

|

«また、パレスホテルへ出勤の日々、