September 17, 2019

横浜野毛・賑わい座、敬老演劇会

昨日は敬老の日、午後は、元の会社時代の気の合う先輩と桜木町で待ち合わせて、賑わい座へ。よそ者だが、野毛地区の敬老演劇会を見学。

ビールや、お菓子をもらって、子供達の歌やダンス、三味線に合わせての歌謡曲を歌ったり、先輩と楽しんで見た。

地域の敬老演劇会、会社のアラブ人家族も誘っていたが、彼らには、ビックサイトで開催中の東京ゲームショーが今回は優先だった。

いろいろな場面は、新鮮に展開して、私の休日。

|

September 16, 2019

サウジアラビアの原油生産半減のニュース、

14日、イエメンの反政府勢力のドローン攻撃?かで、サウジアラビアの油田施設が攻撃され、サウジアラビアの原油生産の半分が生産をストップしたとのニュースを昨日の昼、電車の中で知った。

サウジアラビアの原油生産の半分とは、日本の石油消費量の約2倍、大変なニュースだった。その割には、マスコミの扱いは大したことないのにも驚き。備蓄があるとは云え、これだけの大規模な石油中断はない。どれだけの規模で、何日中断するのか問題。

私は、石油で働いている責任感から、今朝は、進んで出社し、対応を考えてみる。

生々しく、今も石油に携わる自分の仕事へのプライド。


|

September 15, 2019

佐田啓二、三國連太郎、

今朝のTV、僕らの時代は、中井貴一、佐藤浩一、三谷幸喜の出演だった。

佐田啓二、三國連太郎の息子達の会話、親父の想い出も聴けた。

親子共に、好きな俳優。

ただ、ただ、親子共にいい俳優だなぁと想う。人生の深みを感じる俳優だと想う。

佐田啓二、三國連太郎、私の両親の時代を、泣きたくなるほど想い出させてくれる俳優。


|

September 14, 2019

心は禅、身体はミキプルーン、

昨日は、会社帰りに、横浜みなとみらいのミキ横浜支店で開催の健康セミナーに出席した。

私の人生の後半の劇的変化は、心は禅で、身体はミキプルーンで、成し遂げられた平穏。

今も、目に見えない縁に導かれ、日々、いろいろ人、いろいろをな場所に出会う。

宇宙(神)の与えし流れに、ただ身を任せてみる。

|

September 13, 2019

「あかり」「存在証明」の曲、少年の罪

放蕩の両親に命ぜられ、金品目的で祖父母の強盗殺人の罪を犯した17才の少年のことを報道で知った。

犯行前日の夜、北千住駅前のヴィジョンスクリーンに映し出され、歌が流れていた。曲は松井亮太さん作の「あかり」。彼は、もっと早くこの曲に出会いたかったと泣いたと云う。

その後、このことを知った松井亮太さんは、獄中の少年と手紙をやり取りする中、彼の作詞の曲「存在証明」を作曲し、世に出したと云う。

「あかり」は、そばにいたいよう、と詩が切ない。「存在証明」は、もう穢れています、と云う言葉に泣く。

少年が犯行前日に北千住駅前で見たヴィジョンスクリーンの場所、彼がどこで、心細く見ていたのか、私はいつか、必ず現地を訪れてみようと想う。

彼は、犯行を命じた母親に、この歌のことを伝えたと云う。

|

September 12, 2019

観光庁研修終了、

昨日、通訳案内士の観光庁研修(横浜合同庁舎)を受け、無事終了証をもらった。

通訳案内士法の改正に伴う新しい研修の義務化、5年に1度の定期研修も義務付けられるようになった。

通訳案内士の質の維持のためと云う。

私の趣味と実益を兼ねた社会的繋がりの英語ガイド業務への必要なこと、楽しみながら研修を受けた。

観光や国際交流は、私の、一つの自分を解放する分野。小さな驚きの宝庫。



|

September 11, 2019

旅談義ランチや、副業の縁の素晴らしさ、

昨日は昼、最近会社役員を退任後、猛烈に旅の楽しさを実践中の友人と会社のそばでランチした。

思いっ切り、自由に旅ができる喜びを、熱っぽく語ってくれる友人に、こんなにも人間にはエネルギーがあるのかと、私も驚くほど。私の旅への憧れみたいな想いを、覚えていてくれて、彼から誘われてのランチだった。

夜は、最近私が熱っぽく携わり始めた副業(電力・通信の自由化関連)に、新しい仲間ができた。数日前に、私が歩きながら、たまたま話題にしただけで(いわば、1分間プレゼンテーション)、反応があった友人で、このことも、縁への大きな喜びであった。

関東へ過去にない大きな台風(15号)が過ぎ去った次の日の新しい日の展開だった。


|

September 10, 2019

富士登山大変だったらしい、アラブ人グループ、

先週の金曜日夜から会社のアラブ人同僚は、他3人の仲のよいアラブ人グループで、初めての富士登山に出かけた。

昨日の朝、会社で、富士山頂からの素晴らしい景色の写真も見せてもらった。

だが、もう二度目はないと云うコメント。疲れて、大変だったようである。

出社後すぐ、彼の体験を、暫く聴いた。

私は、登ったことのない富士山、アラブ人の友人グループ4人の好奇心とチャレンジ精神を讃える。


|

September 09, 2019

台風15号、関東上陸、

今朝.携帯電話番号からの警報音で目が覚めた。

私の住む地域は避難勧告は無いが、避難勧告の地域を見て驚く。

関東では、過去に経験のなかった規模の台風15号だと、TVは伝える。

暫くは、雨戸を開けられたそうも無い。出勤時間も、臨機応変にしましょうと、会社のアラブ人から昨日、グループメールが来ていた。

改めて感じる自然の力への畏敬。

何故か、九州で子供時代に体験した台風の頃を想い出す。



|

September 08, 2019

神様の都合で生きる、

今朝の「心の時間」は、長崎カトリック教会の古巣肇司祭だった。

古巣司祭の出身の長崎五島列島の奈留島の奈留教会の様子を見た。

五島の海を、母の故郷の長崎の京泊の海を想い出しながら見た。

司祭が島原教会で働いていた頃の、身寄りの無い病床の信者さんの話を聞いた。

「神様の都合があるから、私はここにいる」、自分の都合で生きるから人生は苦しい。

振り返れば、身寄りの無い彼は、周りの都合で生きて来た人生だったと云う。

そして、行き着いた境地、「神様の都合で生きる」。





|

«南関~柳川、白秋が歩いた「この道」