March 31, 2020

コロナウイルスから来る「間質性肺炎」への対策、

今月は、コロナウイルスから発症する間質性肺炎について、岐阜大学の抗酸化研究部門の犬房晴彦特任教授の発表(2020年3月)を調べてみた。

 

―コロナウイルスによる「間質性肺炎」を防ぐ方法 ―
岐阜大学、抗酸化研究部門・犬房晴彦特任教授発表(2020年3月)

 

<犬房教授の指摘>
「間質性肺炎」を防ぐ、抗酸化ストレスを上げ、免疫力を上げる5つのポイント。

 

1. 煙草、酒を控える。
2. 肥満の人は糖質制限をする。
3. 十分な睡眠、精神的ストレスを下げる。
4. 身体を温める。
5. 抗酸化食品・サプリの摂取。

 

 

 

<私のミキプルーンの健康勉強会から>
1. 抗酸化食品の代表はビタミンC 含有食品。
⇒ 「ミキバイオC」 の強力な効果。
⇒ 「ミキプルーン」に含有のクロロゲン酸は強い抗酸化作用も持つ。

 

2、 免疫力の7割は小腸にある。
⇒ 「ミキプルーン」は、小腸の掃除係。免疫力の強化。

 

3、免疫力強化、抗菌作用を持つ「にんにく」
⇒ 私の父親、姉達は、満州から引揚げて来る時、マラリアとか感染症に罹らなかったのは、毎日少しづつ食べた「にんにく」と、父は述懐していました。

 

以上、コロナウイルスの苦難の乗り越え方。 以上、

 

 

|

March 30, 2020

世界史的革命が進行中かも知れない、

昨日は、一日中在宅で、石油やガスの市況の見通しなど、また人生のことも、静かに考えた。

世界が今直面しているコロナウィルス危機が、世界を社会を経済をどう変えるのだろうと、人間をどう変えるのだろうと、思索を巡らせた。

私なりの、新しい視点があれこれ浮かんで来た。

今日からの生き方、日々の過ごし方にも、ちょっとした変化。

|

March 29, 2020

「創造(誕生)・維持・破壊」から見れば、

何ごとも、創造(誕生)・維持・破壊を繰り返す。

社会、人生の大きな変化の時期だからこそ、そのことを想い出す。

破壊を想像できれば、既に、誕生を想像できる。

そして、誕生・維持・破壊は、同時に生じている。誕生・維持・破壊は一如だと云う境地を想像して希望。

|

March 28, 2020

在宅勤務実践、電話、

昨日、夕方、原油・ナフサ・LPGの顧客と自宅から携帯電話で、市況に関する情報を聴取した。

お互いに在宅勤務なのに、オフィスにいる時と変わらない仕事の感じになれ、不思議だった。

来週には、LPGの特別レポートもあるので、ちょっと在宅勤務でも気合が入っている。

何ごとも緊張と弛緩のメリハリが大事だと想う。

在宅勤務なりにベストを尽くす。

|

March 27, 2020

熱海復活の技法、

熱海は、一時550万人くらいの年間観光客がいたのに、2010年くらいは約200万人くらいに激減しシャッター街になっていたが、地元の若者(市木広一郎さん)が、活性化のアイデアを地元の人達と実践し、観光客が増加(若者)今また300万人を突破していると云う。

その技法に、なるほどとうなずいた。

1、地元の人同士で、干物の作り方や、観光地の魅力などを説明しあう会をやり、地元の人が先ず熱海の素晴らしさに気づくことをした。

2、旅館の1泊2食と云う固定観念を捨て、旅館はご飯と味噌汁だけ出して、街で干物など買って来たものを食べるシステムを導入した。街が全体で潤う考え。

3、空き家を、安い料金で色々な貸しスペースにして、人を集めたことなど。

熱海では、市木広一郎さんとは有名な人らしい。元IBMで、会社を辞めて地元の熱海に帰り、熱海を復活させた人。地元に貢献した素晴らし若者の話を知った。

|

March 26, 2020

不要不急の用事の判断か否かを想いながら、

いつも、マグロ型人生と動き回る私の日々の行動も、見直しが迫られて来た。

そのような静かな時間も、学びの時間と想う。

ちょっと日々の生活パターンを見なおす機会にしたいと想う。

不要不急か否かを、一つ一つ、自問しながら。

|

March 25, 2020

私も在宅勤務始まる、

昨日からコロナウィルスの影響で私も約3週間の在宅勤務になった。

自宅にこもってノートパソコンで、仕事をした。

新鮮な体験に、小さな驚きだらけ。

これからの時代の働き方のショック療法のような衝撃になる予感。

新しい通信技術に、新たな興味も湧く。

この環境も、大きな学びにしたい。

|

March 24, 2020

カミュ作品「ペスト」読み返し、

NHKの「100分で名著」のアルベール・カミュの作品「ペスト」(1947年)のテキスト(2018年6月)をアマゾンで取り寄せ、今朝読み始めた。

戦争、革命、自然災害、疫病に、人間はどう向きあってきたか、どうありたいか?、

カミュの苦悩の果てに見出した境地は「誠実さ」に通じていた。

カミュの頑固なまでの哲学は、現実論の中でしか生きられない人間の持つ神性だと共感する。

私は、名著「ペスト」との出会いに感謝する。

|

March 23, 2020

桐ヶ谷斎場通夜参列、

昨日、カリスマ会(異業種交流会、ニューパラダイム研究会)の創設メンバーの先輩が17日亡くなり、昨日が通夜だった。五反田の桐ヶ谷斎場は半年前くらいに、後輩の現役の商社マンの葬儀で来て、正に同じ場所だった。

カリスマ会の先輩は、私によく声をかけてくれる親しい先輩だった。沢山のことを学んだ。

カリスマ会では、3月5日にも、他のメンバーの先輩も亡くなっていたと知った。その先輩は、去年の私の初めてのコーラス発表会の挑戦にも来てくれた素敵なお洒落な先輩だった。

終わりから始まる終わりなき縁を想う。先輩達との想い出が浮かぶ。

|

March 22, 2020

昭和記念公園をサイクリング、

昨日は、午前中、立川の鍼灸院に行った後、昼、近くの昭和記念公園に行き、サイクリングを楽しんだ。

西立川口から入るとすぐ、大きな池があり、ボートやサイクルボートが幾つか見え、素晴らしい公園の光景が広がっていた。

すぐ、売店の前の椅子に座り、温かいコーンスープを飲みながら、解放感を味わった。

自転車を借り、サイクリングで、サクラや、菜の花畑も、広場には、家族連れねキャンプのテントがたくさんあった。

木々を渡る風には、子供時代の裏山で遊んだ時の「すみか」(隠れ家)で感じた風の薫りだった。サイクリングで中学生くらいの女の子達のグループのキャーキャー云う声が、高校時代に校庭で遠くに聞こえ来た遠い昔の音に聞こえた。

シュシュシュと云う音が、公園の周りを走る観覧のオモチャの汽車の音も心地よかった。

そんな昭和記念公園のシーンだった。

|

«幸せシンポジウム、オンラインセミナー、