May 24, 2019

調停委員の同窓会、

昨日は、会社を休んで裁判所の調停委員の同窓会に出席した。

12名の近況報告の多様性の面白さ。

テニス、ジャズピアノ紹介、同窓の病状、写真展紹介、コンサート紹介、書籍紹介などなど。

日頃の付き合いと違う世界の雰囲気を味わう。

たまには、会社を休んで、違う世界を覗くのも小さな驚き。

| | Comments (0)

May 23, 2019

ビワ、サクランボ、

昨日、夜会社帰り、自宅そばのコンビニのマイバスケットで、今年初めてのビワとサクランボを見た。

 

立ち止まり、早速買って、今朝、ビワとサクランボを味わった。

 

ただ、季節を味わうだけでも安らぐ。

 

季節、季節の流れ。

 

季節の中に溶け込む私でありたい。

 

 

| | Comments (0)

May 22, 2019

ラマダン中の日没後ビジネスディナー、

まだラマダン中(5月6日~6月6日くらいまで)で、アラブ人達は、日の出から日没まで、断食している。

日の出は大体0450くらいで、日没は昨日1844だった。

彼らはビジネスディナーを顧客と神田のアラブレストランで予定し、私も初めてラマダン中のビジネスディナーを体験した。

先ず、デーツ(ナツメヤシ)を口にし、次に水、それからスープ、そして食事開始。

パレスチナ人の店の主人と言葉を交わし、アラブ音楽を聴いて、暫く、アラブ駐在時代を想い出し、特別な想い。


| | Comments (0)

May 21, 2019

洗濯機の中でグルグル回るアリ、サラリーマン、

昨日、前の会社の私の後輩と二人で居酒屋。

たいていのサラリーマンは、毎日、洗濯機の中でグルグル回るアリンコみたいなもの。外の世界を覗く機会や知る機会はない。社長でも平社員でも同じこと。定年まで、グルグルグルグルと回り続ける。

こんな話を私は、15年前に会社を辞める頃に云ったと後輩が想い出させてくれて笑った。今でも同じ考えだが、後輩がよく覚えてくれていて嬉しかった。

同時に私は、20年くらいとかある長い一定期間を働いてみないと、簡単に転職すると不利が多く、誰にも薦められないとも云ったと云う。

15年前に私か、熱っぽく語ったと云う後輩へのアドバイス、後輩から聞かされて、懐かしく嬉しかった。

| | Comments (0)

May 20, 2019

自然を見つめて、

写真家の保山さん(自らガンを抱えながらの活動)の吉野のサクラの写真を昨日TVで見て、息を飲む美しさだった。

朝もやが明けて行く幻想的なサクラも。

自然を見ていると、「時間は止められない」 と確かに感じる。

自然の一部として、私も、朝もやの明けるように明けて行く。

止められない時間の中に、私も溶け込んで行く。

| | Comments (0)

May 19, 2019

カエルの声、ホタルの頃、

今朝は、「心の時代」は正眼寺の山川宗玄老師だった。その後は、NHK短歌を味わった。

その後、不図季節を想った。

そう云えば、里山ではカエルの声が聞こえる頃。

もうすぐ、野生のホタルが飛ぶ頃と想う。

| | Comments (0)

May 18, 2019

針麻酔の話、琵琶湖フナ寿司の話など

昨日の鍼灸治療中の時、堀江先生の話は、親交のあった日野原重明先生との話もあった。

日野原先生の患者さんが麻酔薬を嫌い針麻酔を希望される時は、堀江先生が呼ばれて、針麻酔をしたとのことだった。針麻酔は中国で発達した麻酔法。西欧医学ではない東洋医学の神秘を想う。

患者さんとして堀江治療院に通って来た遠藤周作さんは、琵琶湖フナ寿司の大のファンだったと云う。5年もののフナ寿司がまた特に美味しかったとか。

鍼灸治療をしながら、日野原重明先生や、遠藤周作さんの話を聴けるのも楽しみになった。

| | Comments (0)

May 17, 2019

朝5時の街、

今朝は、立川で朝8時の鍼灸院の予約で、横浜の家を5時過ぎに出た。もう明るく、何と気持ちの好い朝の光景。

5時半の駅には、人も少ない見慣れない新鮮な空気。

スティーヴィーワンダーや遠藤周作さんも治療を受けた鍼灸院の先生との会話も楽しい。

治療の後は、都心の会社に11時には着く。

ラマダン中のアラブ人達を、カバーする私の役割も負担ではなく、心地よい。

毎日、新しいページが開く。

| | Comments (0)

May 16, 2019

ラマダン中のアラブ人の過ごし方、

会社のアラブ人が、ラマダン中の過ごし方に付いて、話してくれた。

日没後、友達数人で、お台場の海岸で、食べ物を持って行き、時間を過ごしたと云う。

私がアブダビ駐在時代によく見た、アラブ人達や出稼ぎのインド人達が、夕方になると、よく海岸に出て時間を過ごしていた光景を想い出した。

ラマダンと云っても、日没後は食べられるので、来週は、日没後の1830~ビジネス会食をアラブレストランで予定した。パレスチナ人、エジプト人、モロッコ人など、私も、アラブ人達との交流も小さな驚きの源。

| | Comments (0)

May 15, 2019

落とし物(名刺入れ)引き取り、神奈川警察署

昨日朝、神奈川警察署に出向き、連休中に紛失した私の名刺入れを引き取った。一昨日、会社に神奈川警察署から電話で、私の名刺入れが落とし物の届けがあり、保管してあるとの嬉しい連絡であった。

なくなったことには、すぐ気付き、残念に想い、またあきらめていた。

警察署に行って回収すると、私の名刺の他、数名の友人知人の名刺や、5000円が入っていた。

あきらめていた落とし物が再び、私のもとに、そのまま返って来たことは、何か、すがすがしい気持ちになる。

| | Comments (0)

«スティーヴィーワンダー 、遠藤周作、腰痛治療の縁、