July 11, 2020

ビジネス会食復活、

一昨日、昼、久しぶりにビジネス会食が復活した。

某石油会社のオファーで、銀座のイタリアンで、6人のランチ。

会社の車、運転手さんも、懐かしい日常がちょっとだけ返って来た。

会話は、石油の話の他、コロナ時代の生活のこと、世間話など。私は得意のジョークも。

各社も、週に2回~3回程度、会社へ行き、出社率は約30%と云う。

新しい働き方に、戸惑いながらも、新しい時代を感じ、適応策をあれこれ考える。

|

July 09, 2020

想いがけない災害などもを想う、

全国的な豪雨災害の中、あれこれ災害のことを考えてみると、そんな想いがけないリスクの中に生きているんだなぁと想う。

大地震、富士山の噴火、疫病、豪雨災害、原発事故、それに紛争、最近はYoutubeによく出ている「三峡ダムの決壊」など。

かなりあるんだなぁと驚く。

三峡ダムは、湖の大きさが、東京から神戸までの長さの巨大さに仰天。武漢も南京も上海も、洪水で、数億人の被害になると云う。

サウジアラビアは、こんな経済危機の中、7月から消費税を5%から15%に引き上げた。国民の不満は大丈夫なのか?

世界は激震が起こる事件や災害のリスクの中にある。

日々、ゼロからのスタートのような気持ちで、生きて行きたい。

|

July 08, 2020

故郷の水害のシーン、唖然、

昨日、TVで故郷の大牟田市の市内の幹線道路など冠水している様子に驚いた。

今まで見たことの無い故郷の水害の様子。

弟家族と連絡を取り、家族や家の無事を確認した。(弟家族の家は、高い位置にあり、浸水の可能性は少ない)

大牟田の隣の荒尾市市内で働く弟の娘は、職場付近で動けなくなり、ホテルに宿泊したと云う。

川(堂面川)のそばにある従兄弟の家がどうなっているのか、不安なまま。(その後、近くの三池高校の体育館に一時避難したことを聞いた。結局、川は氾濫までは至らなかったようでホッとした)

九州全域、岐阜、長野なども、川の氾濫ニュースが続いている。久留米の筑後川、長野県の飛騨川の一部氾濫ニュースなど驚いて見ている。

気が気でない状況が続いている。

今日は、在宅勤務で、水害情報を注視する。

|

July 07, 2020

失敗だらけ、成功だらけ、半々、

想えば、人生での失敗だらけ、運の悪さも考えれば沢山ある。

また一方、想えば、運がよかったこと、成功したことも、沢山あると想う。

世界中の誰しも同じだろうと想う。

それは恰も、吸う息、吐く息のようなリズム。

運がいいことも悪いこともセット。成功も失敗もセット。

どちらも、丁寧に扱うことが、人生の味わいと想う。

|

July 05, 2020

1500人のアンネフランク、「心の時代」

今朝の「心の時代」で、テレジン収容所の子供達の絵を知った。

アウシュビッツに送られる前に、テレジン収容所で、労働させられていた子供達に、同じユダヤ人で絵を子供達に教えることが許されたフリードルデッカという女性の画家(当時40才くらい)がいた。

子供達が、戦争が終わり、また平和な時代を夢見て描いた絵の数々。

胸がいっぱいになる。

ナチスへの憤りの気持ち、どうしようもない悲しみ。

これが、私が生きている人生で、知ったことの一部であることには違いない。

とてつもない人間の罪深さを想う。それでも、光を見て生きる。

テレジン収容所の子供達の絵を、私も一度見なければならないと想う。

|

July 04, 2020

熊本、鹿児島の大雨警報の朝、

今朝は、熊本、鹿児島の大雨警報で、大変心配になった。

自然災害のことも、今まで経験したことのないことも多くなりつつあり、不安が増す。

社会も、世界全体も激動が、不安定が、心配なことが多くなって来た。

戦争を体験した両親の人生、私の人生では、今まで、穏やかだったと想う。

ちょっと、身構えが必要な時代に入っていると感じる。

|

July 02, 2020

パソコンの新機種を検討,Youtube時代、

このところの在宅勤務で、かなりYoutubeや、オンラインの会議など、新しいインターネットの利用の仕方に、新しい興味が出て来た。

昨日は、雨の中、横浜のビッグカメラに、新しいデスクトップのパソコンを見学に出掛けた。

いろいろな、機器の説明を聴き、あれこれ検討してみる。

そんなことも、今まで先送りしていた必要なこと。

毎日少しづつ、やるべきことをやる。それが、大変好い気分転換にもなる。

今日は、曇り空の木曜日、今日も、多少出掛けるか?と想う。

|

June 30, 2020

究極の食事、

今月は、米国の医師、津川友介氏の本を読んでみた。

―「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」(津川友介著、東洋経済)

から抜粋―

 

1、   健康に好いと考えられてる食品

l  

l  野菜と果物

l  茶色い炭水化物(玄米、蕎麦など)

l  オリーブオイル

l  ナッツ類

 

2、   健康に悪いと考えられている食品

l  赤い肉(牛肉・豚肉、:  鶏肉は含まない)

ハム、ソーセイジなど加工肉は特に悪い。

l  白い炭水化物(白米、うどんなど、ジャガイモも白い炭水化物の類) 2020

l  バターなどの飽和脂肪酸。

 

3、   地中海食は、がんや糖尿病も減らす。

地中海食=オリーブオイル、ナッツ類、 魚、野菜・果物。

 

4、   白米と砂糖は同じ。

炭水化物とは「糖質」と「食物繊維」を併せたもの。

茶色の炭水化物は、食物繊維の量が多い。

白い炭水化物は、食物繊維の量が少ない。

極限まで食物繊維を減らしたものが砂糖。

 

5、   果物はジュースにしない。

果物は、血糖値を上げる果糖が含まれているものの、同時に血糖値の上昇を抑える食物繊維(不溶性食物繊維)に摂っていることになるが、ジュースにすると、果糖のみを摂取していることになり、血統値が上がって糖尿病のリスクが増すと考えられる。

 

6、   魚の摂取は、心筋梗塞や乳がんのリスクを下げる。                  以上

|

June 29, 2020

やるべきことのリスト作り、

自由な時間、時間の融通が利くようになって、「やるべきこと」のリスト作りをしなきゃねと、気づいた。

試験の前の、「人事を尽くして天命を待つ」と同じだ。

やるべきことをやっていると、淡々と穏やかに日々が過ごせる。やるべきことは、漠然と長年放って置いた心の重荷。コロナの時期に、気づかされた。

穏やかな日々を送れるようになったら、多少の波は、日々のメリハリ。

そんな生き方ならいいなぁと想う。

さて、やるべきことのリストの中で、一つ一つ手を付けて行こうと想う。

|

June 28, 2020

ライフスタイルの変化、コロナ時代、

今日は、外出しようかと想ったが、雨がひどく、やめた。

九州にも、姉の様子の見に帰りたいが、コロナ懸念で、世間の自粛ムードで、まだ、行けそうにない。

何か宙ぶらりんの時期が長引いている気がする。

こんな時期こそ、やるべきことは何か?

在宅中にしかできない、身の周りの整理か?

こんな雨の日は、益々そうか?

雨がしとしと日曜日。

|

«人生で失っているもの、夢中になっているもの、株主総会にて、