April 17, 2021

床屋の会話、町内の老後の景色、

土曜日の朝は、よく町内の床屋や、クリーニング店へ行く。

今朝は、クリーニング店で、おばちゃんに冗談を言って、シャツの受け取りと注文。

その後、床屋さんで理髪。年輩のおばちゃんの理容師さん。

近所の、一人暮らしの男性老人の客の話に、町内の老後社会の実態を垣間見る。

数日前に、寒いのにステテコ姿で来た近所の男性に、「ズボンくらい履いて来なさい」と言ってやったとか。「何を考えてんの、まったく」とか。

一人暮らしの男性は、灯油を貸して下さいとか、ボンベ(カセットガスボンベ)は、有りませんか?とか、理髪店に来る男性がいるとのこと。

一人暮らしの男性老人の、大変な生活振りを、驚きながら聴いた。

|

April 16, 2021

ビジネス会議の夢、名刺忘れ、

今朝起きたら、ビジネス会議の夢を見たことを心地よく想い出した。

私は、某大手石油会社のDelegation 6人くらい のナンバー2くらい実力派中堅社員、訪問先は、大手商社(三井物産)、議題は、水ビジネス。

私は、名刺を、忘れたことに気づいた。

相手商社の懇意の先輩に、打ち明けると、大丈夫だよと慰めてくれたシーンもあり。

ただ、私が、仕事の出来るバリバリのビジネスマンとして、無意識の世界でも、存在していることに、嬉しくなった。

「よっしゃー」と云う気持ちになる。

|

April 15, 2021

ハトぽっぽの歌、

今朝、通勤で駅に歩く道で、母子連れ、手を繋いて歩く姿があった。

道にハトが地面を歩いていたら、3歳くらいのその女の子が、歌い始めた。

「🎶みんなで仲良く食べに来い🎶」、

私は、あっ、「ぽ、ぽ、ぽ、ハトぽっぽ」の歌だなとわかった。

踏切で待つとき、通る電車を、驚いて見送る。

幼児の女の子の子の目で、世界を観る。

|

April 14, 2021

電子申告時代に適応中、確定申告、

医療費控除の確定申告を、昨年に続いて、電子申告を昨日からトライ中。去年初めて電子申告を実践し、達成感があった。

明日が期限で、ちょっと焦り。

一日の仕事やスケジュールの段取りを考えながら通勤。

気がかりな懸案事項が終わると、スッキリする。そんなことをイメージしながら。

|

April 12, 2021

小1の女の子の話を15分くらい聴く、

一昨日、Hippo語学クラブのオンラインイベントで、4人の小グループの会話になり、小1の女の子の話を、約15分くらい聴いた。

ちっちゃい女の子の、話す世界の可愛いいこと。

赤ちゃんの弟の世話が、楽しいから、将来保母さんになりたいとか、学校とかで、皆んなの前で創作ダンスを踊るとか恥ずかしくてできなかったけど、踊った他の子が、自分と同じだったとか、

家族で、作ったYoutubeで、皆んなで、歌って踊る姿の可愛いいこと。

人生で出会う、想いがけないシーンに微笑む。

|

April 11, 2021

高島野十郎の本、10冊届く、

昨日、注文していた高島野十郎の本10冊が届いた。

高島野十郎は、青木繁と共に、私が、感動する絵を描いた画家。共に、福岡県久留米出身の画家。

今回、高島野十郎の本を書かれた熊谷紀代さんは、満洲の通化事件で、お父様を亡くされた方。

私も、父の属した満洲の会の方々から聞いた通化事件。熊谷紀代さんの書かれた、「帰って来て欲しかった父、満洲通化事件を追って」を、読ませて貰った。

色んな縁に導かれて、人生。

|

April 10, 2021

故人への手紙、

最近亡くなった義兄の葬儀は、コロナ時代だから、明日、二人の姉妹だけでやると云う。

私は、手紙を書き、棺に入れてもらうことを考えた。娘にも、手紙を書いて棺に入れてもらうことを提案した。娘も、手紙を書くと云う。

この世で縁あった人。

静かに、故人を偲び、話しかける。

|

April 08, 2021

義弟の想い出、

昨日夜、帰宅して、千葉に一人暮しの義弟が逝去したことを知った。

娘と、「悲しいね」と、ラインのやり取りをした。

娘がちっちゃい時、よく遊んてくれた。

アブダビにも訪ねて来てくれた。

3年前の娘の結婚式で、会ったのが最後となった。

想い出を辿る。

|

April 07, 2021

田中清玄、桁違いの人物に驚き、

先日朝、オフィスで、いつものように、エネルギー関連の国際ニュースを検索していたら、戦後最大のフィクサー、「田中清玄」の石油利権の逸話に出会った。

共産党委員長を務めたり、右翼として電力会社をテロから守ったり、山口組の田岡組長と麻薬撲滅運動をしたり、中東の石油利権に関与したり、三島由紀夫を自衛隊に紹介したり、とにかく、行動の多彩振りに仰天した。

今朝のTV「100分で名著」は、渋沢栄一の「論語と算盤」だった。

数日前は、孤高の画家「高島野十郎」の本を読んだ。

全てが、「盛大な人生」振りに、驚く。

田中清玄については、自伝の本を早速読んてみようと想う。

サラリーマン社会の人間しか観て来なかった私には、今、新しい人間観が拡がる。

|

April 05, 2021

ちょっと、わき道に逸れて味わう人生の旅、

大学進学、就職、結婚、管理職になり、ふらり旅に目覚め、会社の希望退職に応募、第2の人生が始まった。

親戚の人達との新たな深い出会い、両親の人生を知る旅、満洲への旅、憧れのニユージランドへの旅、起業体験、禅との深い出会い、健康との出会い、

喜び過ぎす、悲しみ過ぎす、微笑んて、人生の日々を味わう。宇宙と一体になったり、個としての、わがままな人間になったり。

人生も、わき道に逸れてから、人間らしく、また、宇宙と一体への憧れも増して、味わいも増して来た。

人生は、いつも、小さな驚きに満ちている。

|

«孤高の画家、高島野十郎の生涯、